家庭教師 東京を中心に活動! TOP LEVEL SUCCESS

東京を中心に活動中のプロ家庭教師集団のブログ

http://www.asahi.com/national/update/0224/TKY201002240417.html

先日、医学部増設の話をブログで書いたが、様々なところから今後反応が予想される。

以下が新情報である。

医学部新設,医師会が反対表明「地域医療崩壊を加速」
2010年2月24日19時59分

日本医師会(日医)は24日,一部の私立大学が医学部の新設準備を進めていることについて「教育のため,現場から医師が引きあげ,地域医療崩壊を加速する」などと反対意見を表明した。現行の体制のまま医師の養成数を増やすべきだと主張している。
この日の定例記者会見で,中川俊男常任理事が発表した。中川氏は「医師数を中長期的に1.1~1.2倍にすることが妥当」とした上で,「人口減少とのバランスを取ることが重要。医学部を新設する必然性はない」と強調。教員が分散して医療の質が低下することに対する懸念を示した。

http://www.asahi.com/edu/news/TKY201002230105.html

医学部の新設「慎重な対応を」学部長ら政府に要望
2010年2月23日

全国80の国公私立大と付属病院でつくる「全国医学部長病院長会議」(会長・小川彰・岩手医科大学長)は医学部新設と急激な医学部定員増に慎重な対応を求める政府への要望を文部科学・厚生労働の両大臣などに提出した。22日発表した。「医学部新設は百害あって一利なし。医療崩壊をかえって悪化させる」と訴えている。
同会議は,働き盛りの病院勤務医が教員になって医療現場を離れると医師不足が加速する▽新設よりも拡充のほうが財政的に有利――などを理由に,医学部の新設や急激な定員増への懸念を示した。
医師不足対策として,医学部定員は抑制方針から増員に転換し,3年間で1221人増えた。民主党もマニフェストで「医師養成数1.5倍」などを掲げる。小川会長は「養成数が増えても,医療現場で働くまで10年以上かかる。長期的な戦略を立てて進めてほしい」と求めた。
川端達夫文科相は23日,記者会見で「新成長戦略の基本方針の中にも医師の増員が書いてある。6月に成長戦略をまとめるのにあわせて,どう対応するか新年度から議論したい」と話した。

One Response to “”

  1. NEIL Says:

    CHEAP GENERIC PHARMACY : -==== Men’s Health Drugs ====-

    Buy Cheap Generic Drugs Now!…

Leave a Reply

*