医龍の魂

TOP LEVEL SUCCESS 医学進学館BLOG

Archive for 3月, 2010

家庭教師という受験教育システムについて~個別のニーズにあわせた5W1Hの指導法~

家庭教師の活用法~個別のニーズにあわせた5W1Hの指導法~

 

日増しに暖かさを感じる今日このごろ、皆様いかがお過ごしでしょうか。受験のシーズンも終わりを告げ、新たなステージに向かう季節ももうすぐです。

 

さて、今回のWeblogは、私たちが魂こめて取り掛かっている”家庭教師”という教育システムのすばらしさについて、お伝えしたいと思います。

*詳細は下記のPDF参照

TOP LEVEL SUCCESS 家庭教師システム

私たちは「生徒の成績を上げ、そして、己のキャリアを切り開く」お手伝いをしたい。そのために一番生徒にと手成績の上がる方法を模索しました。その結果、「家庭教師というシステム」にたどり着き、現在は、中学受験~医学部受験まで、多くの生徒様の指導を担当してまいりました。

確かに、家庭教師は、集団授業と異なり、コストがかかってしまうことは否めません。

しかし、歴史を紐解いてもこれほど長きにわたって”活用されている”教育システムはありませんし、多くの教育の重要性を知る家庭では、必ずといってよいほど利用されてきております。

 

それはなぜか                                                                                                   ―受験指導とは、「受験で必要な知識・考え方(着地地点)に向かって子供を誘うこと」に他ならないからであります。

ですから、マンツーマンでの指導は非常に効果的であります。子供にあわせた未来への”設計図”を作成したうえで指導できます。つまり、合格の可能性が向上するのです。

その上…家庭教師にしか出来ないことが。

それは、生徒の学習効果を高めるために「場所・時間」も調整することが出来るのです。当然のことのように思えるかもしれませんがこれが今の時代かなり重要と考えます。

なぜならば、子供たちを取り巻く生活環境はスピーディーであり、子供とはいえかなりの多忙を極めます。その上、利便性・娯楽性も一昔とは格段に違っております。携帯電話やポータブルゲームなどが身近に存在するなかで学習することは、ある意味難しいことなのかもしれません。

しかし、だからといって、私たちは子供のキャリア育成を放棄しても良いといっているのではありません。むしろ、この誰にでも平等な”受験”を潜り抜けて、己の夢を結実してもらいたいと、強く考えております。それが私たちの社会貢献であると。

もし、学習でお悩みの場合は、ご相談だけでも結構ですのでご連絡ください。これまで様々な子供たちの指導をしてきた経験と高い指導力を元にお役に立ちたいと考えます。

春期集中講座~医学部数学基礎貫徹コースのご案内~

 

2010年度受験生対象:3つの医学部受験サクセスプログラムのご案内~

 

2010 昭和大学 医学部Ⅱ期(3月6日実施)数学 解答

2010 昭和大学 医学部Ⅱ期(3月6日実施)英語 解答

例年、お預かりしている生徒様のために入試解答例を提供しておりましたが今年度は、Weblogにて2010年度の医学部入試を科目ごとに掲載することに決定しました。 最難関入試に立ち向かっている皆様に、少しでもお役に立てたら幸いです。

なお、入試問題の入手状況によって掲載大学・科目に制限が出てしまうかもしれませんが、その点はご容赦いただきたく存じます。今回は、3月6日(土)実施の昭和大学医学部Ⅱ期 英語解答です。


(ア)
B
(イ)
C
(ウ)
E


B


省略


(a)
B
(b)
D
(c)
A


A
F
B
F
C
T
D
F

E
T
F
T
G
T
H
F

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 


C

B

D

D

D

 


B

D

B

D

B


C

E

D

C
10
C

 

4.


There is no need for you to take your brother’s advice.


I took it for granted that my father would always be around.


I had hardly got home before(when) the phone rang.


It remains to be seen whether the computer is fixed or not.

 

5.


c

c

b

a

b

 

6.

(1)
B
(2)
E
(3)
A
(4)
H
(5)
C