医龍の魂

TOP LEVEL SUCCESS 医学進学館BLOG

 ≪PR≫「絶対に医学部合格」 偏差値Eから本気で医学部合格を目指す!

医者の夢をかえることはできない。

でも、成績は変えることができる、本気なら誰でも


「2014年度医学部入試 偏差値Eからの医学部合格

 

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

私たちトップレベルサクセス医学進学館は 私立医学部に特化した家庭教師です。

 

 

 

家庭教師に対するニーズは様々。

「目的に応じたに学習(例:過去問演習)」や、「短期集中型講義」など

集団授業では対応できない学習を「生徒専用のカリキュラム」で行います。

 

今回はその特性を生かし、学力が伸び悩んでいる生徒様を対象

「3つの直前対策講座」をご用意しました。

 

 

(1)偏差値50以上お断り! 「E判定しか見たことない生徒を合格へ導く」

「普通の高校生でも医学部合格」Project

*単科受講可能

 

 

(2)理科(物理・化学・生物)を短期間で”武器”にする。

「絶対に負けない理科」

*単科受講可能

 

 

(3)様々な予備校を渡り歩いたが結果の出なかった方へ

今年で絶対合格!「浪人から脱獄」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★家庭教師こそ「得点アップ」に最適な指導法

 


最高の「方法論」と「指導者」は当たり前!

「陰に陽向に生徒をマネージメントし、頓挫させない」ことが勝利のポイント

 

 

 

 

 

 

断言します。


受験で「もっとも一番難しいカテゴリー」は学力上位・下位の指導

家庭教師が担う場所であり、優秀な人間でなければ務まらない仕事と。

家庭教師と聞いてどんなことを思いだすでしょうか。

おそらく一番多いのは「集団についていけない子供」の学習場所という

認識をしている方が多いでしょう。

 

 

 

 

しかし、現実は多少異なります。

学力下位+学力上位」が受講していることがほとんどです。

なぜか―中間層(日東駒専~早慶上智文系など)は努力に比例して合格力は高まりますが

下位と上位はそれでは足りない。

努力とともに「講師の技術(教務・モチベーター)」が必要なのです。


 



集団授業は「置いてきぼり」になる緊張感はありますが、

個々人に合わせることは不可能。なので、どうしても目が粗い授業になります。


しかし、そのデメリットは「個人の努力(過去問演習)」 でどうにでもカバーできます。

ですから、中間層は家庭教師でない方がおすすめです。





一方、下位と上位の生徒は「個人の努力(過去問演習)」では差をつけることは無理。

得点に必要な要素が欠落している「下位層」や、ハイレベルの戦いの中で、

一歩でも差をつけなければならない「上位層」の指導は、雑な指導では伸びないからです。




だから「下位層」や「上位層」の指導は家庭教師が有効です。





しかし、ただの家庭教師では意味がありません。

「下位層」や「上位層」指導のむずかしさを熟知している講師でなければ

家庭教師の意味はない。そうでなければ、大卒の親御さんでもできる。

つまり、お金をいただくような仕事とは言えないでしょう。




また「自分が優等生だった」という講師は数多存在しますが、それは参考程度。

「下位層」や「上位層」の指導の難しさと技術を持った講師-これが一番肝要です。





弊社はその現実を踏まえ、「家庭教師」に必要なスキルを持つ講師を継続的に

リクルートし続けております。



生意気なことを申し上げるならば、「優秀な講師陣」「高い合格実績」は当たり前!

自分の子供でない学生が合格したからと言って、わが子が受かるわけではない。



我々は、子供の状態を把握し、合格の確率を高める指導を愚直に行います。

そのための、オリジナルテキスト・予想問題をはじめとした教務と、技術力のある

講師陣を取り揃えております。


興味のある方は、

e-mail  : shinro@toplevelsuccess1.com

℡:03‐3401‐5281                        小笹まで。



 

 

関連記事

Leave a Reply